FC2ブログ
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »



まあ、そんな感じで。
CATEGORY : そこはかとなく
2009-08-08-Sat
もう8月かー
ごぶさたしております。
いやー。直近に締め切りがないと、
(将来的にやばいことになるのは分かってるのに)
気が抜けてしまってダメですね。

7月末で一通り、抱えていた案件が片付いたもので、
ただいまなんか飲み歩いたり温泉行ったりなフニャフニャ状態です。
もっと言えば明日からがんばる詐欺状態です。
いやほんと、やることならいくらでもあるのですけれど……。
9月からまた痛い目見るのは確実。
まあ、それが自分の範疇内で済んでるならいいんですけども。

全然話は変わりますが、
ここ数ヶ月、なんか実妹ものをガッチリ書いてみたい
なんていう欲求がありまして。
いや、実妹がいるもので元来は妹ものは苦手な方だったのですが
(まあ依頼が来れば割り切って書いてましたけども。
しかし、それって絶対天然の方には情念的な意味で敵わないのですよね)、
なんというか、「だからこそ描けることもあるんじゃないか?」
とか思ったりもして、うむ一発ガッチリやってみたくはあるな、というかなったなと。
しかもキャッチーさに寄ったものでなく、わりとジメッとした重めなやつ。
実妹との恋愛を真面目に考えてみた的なやつ。

誰にも言えない、二人だけの、常につきまとう後ろめたさ。
いけないと思いつつ、そう思うにつけ、溺れてしまうような。
基本的に「気持ちよさ」を優先して書く自分のスタイルを、
このときばかりは逆に振ったりして。

「ちゃんと鍵かけてよ、おにい……」
「わかってるって……」
「お母さん、何時に帰るって言ってた?」
「6時だって。2時間ある」
「……出来る?」
「したい」
「あたしだってそうだってば……でも、してから、服着替えたりシーツ替えたりとか考えると……
お洗濯、普通に出せないんだよ、わかってる?」
「初めてのとき苦労したから、死ぬほどわかってるって……」
とか、
「誰にも言えない、二人だけの秘密なんだから」
「うん……ね、おにい」
「ん?」
「もう我慢できない」
「着替えは」
「持ってる……んっ」
とか、そんな感じの展開でーとか。

なんか最近(恋愛描写が)オープンすぎてつまんないなーというのが
あったりなかったりするので、「基本後ろめたい」
「隠さないといけない」というのに無性に惹かれてしまう自分がいるのですよね。
だから、デートとかも知り合いに見つからないようにわざわざ遠出して、
家を出るときも、時間ずらして怪しまれないようにするとかしたいなーなんて。
「ここに来るまでも、一緒に来れたらよかったのに」
「ばれてもいいのかよ」
「わかってるってば……そんなの」
とか。ああ、楽しくなってきました(笑
「……腕とか、組む?」
「えっ」
「ここなら、誰もあたしたちのこと、兄妹だって知らないよ?」
とかとか。
まあ、このノリだと帰り道は暗くなりそうですけど。
①帰りたくないとごねる妹
②妹と兄貴の携帯に、それぞれ母親から電話がかかってくる
③駅を出たトコで友達に見つかる
さてどれだー。
いずれにせよ夢は尽きません。

なんてまあ、普段考えてることは
(基本的に仕事に使いたいので)
あまりこういうところで書かない人間ですが、
なんか最近の情勢的に実現はむつかしそーなので
憂さ晴らしに書き留めておいてみたりです。

とにかく近今とみに思うのは、
「お金が欲しかったらこんな商売選んでない」
なんてことであって、要するに自分はそういうアホなのだと
認めることからはじめよう、ってところであったりします。
生きていくのにお金は必要ではありますが、
それ以上に大事だと思えるなんかがあるから自分はこうしてるのだと、
開き直ってしまおう的な……。
一歩引いた取り組み方でいけてるものが作れるような
いけてるライターでは確実にないのですから、
そもそもが、損得勘定抜きにして
滅私奉公するしかないのですよね、と。ダメ人間でもせめてと。
そもそも、そうしたい(引いた姿勢が取れない)タイプでもありますし、
踏み込む以外、多少なりとも人様の
役に立てないダメなやつなのですからとか。
(まあ、それもまた思い上がりなのかもですが。
しかしそれでも「なにかしたい」「誠実な仕事をしたい」
と思う自分を、自分だけは否定してはいけないと
思っていたくはあるわけで……)
ってか、なんでこんな話になってんでしょ? 実妹ものの話から。

とまれ、関わってる作品を愛せなくなったときが
きっと自分がこの商売を辞めるときなんだろうとか
そんなことを考えて、いろいろ乗り切ったりです。
ある観点においてはきっととてつもなく使いづらい外注なのでしょうけど、
それでもいいや、俺アホだもん(笑)、なんてまあ……
うーん、我ながら気持ち悪い。
まあでも、みんながみんな売り上げに拘泥したり
何万本出す、ということを目指したりする必要は
ないんじゃないかなとは思ってはいたくあります。
いや、そういうのが必要なケースはありますし、
そういうときはその目的のために最善の努力をしますけども、
世の中はそれだけじゃないよ、というのを
常に頭の片隅においておきたい的な。

ま、なにをいっても負け惜しみに聞こえかねないのがアレではございますね(苦笑
分かっちゃおります。たぶん、言われる以上の形でも……。
CATEGORY : そこはかとなく
2009-05-30-Sat
む?
今気づいたのですが、→に貼ってある3つ、
どれもツインテっつーか髪を横っちょでくくってる娘さんじゃないですか。
い、いやおかしいな、わたし別にそんなわけでは……あれぇ?

「ああいう髪型はなんで人気あるんですかね?」
「つかみやすいからじゃないですか。とあるときに」
という会話を、以前誰かとしたような記憶があります。

-----
数分後追記。
よく見たら髪と目の色まで同系統でやんの。
神様……!
CATEGORY : そこはかとなく
2009-05-17-Sun
それが大事
最近気づいたんですが、わたし、エロシーンで
女の子に言葉を二回繰り返させることがえらい多いのですね。
「そんな、そんな、あっ、だめ、だめ」とかそんな感じの。

「まさに『大事なことなので二回言いました』ですね」
と先日、某氏に言われてちょう納得。

以上です。
CATEGORY : そこはかとなく
2008-09-13-Sat
AGDC
メッシよりアグエロが好きですし、ボージャンよりはジオバーニが好きです。理由は顔。
が、ボージャンのクルキッチという苗字の口にしたときの気持ちよさは捨てがたく、
しかしジオバーニのドスサントスってのはモンハンに出てきそうだとか、そんな。
ジュゼッペ・ロッシとジョビンコはまだ考え中。
それにしても、ここのところのマンチェスター・シティのアレについての
ギャラガー兄弟のコメントが非常に気になる。
探せばどっかにあるかな?(というかノエル負傷中でしたっけ)

などというサッカー(?)話はおいておいて、まあ、ボチボチな最近です。
「小鳥はとっても歌が好き~、かあさん呼ぶのも歌で呼ぶ~」
というのに対して、
「それは歌が好きなのではなくかあさんが嫌いなのではなかろうか」
などと思ってしまうような……。
とりあえず、人と会ったり話したりすると、いっつもそのあと
家に帰ってから「あああぁすいませんすいません」とか
羞恥心や自分に対する嫌悪感に苛まれるタイプです。はー。

>めいすぴと聞いちゃ黙ってられねー、ということでコメントさせて頂きます。
>個人的にめいすぴでもっとも印象に残ってるのはリーチェルートでシャロに弟子入りするところの
>シャロの台詞「わたし、なんとこんなのを用意してあるのでした!」です。
>もうシャロの幼い感じと得意気な感じが溢れ出ていて・・・。
>台詞回しと天天さんの演技に感動してしまいました。
>保住さんが書かれる作品を楽しみにしていますのでこれからもよろしくお願いいたします。


コメントありがとうございますー。
シャロは、まあ書いた本人が言うのはなんですが、いいキャラですよね(苦笑
へたれなくせにお調子者なところとか、そもそも、ポジション的なところとか。
書いた人間からすると、いてくれないと困るキャラではありました。
彼女、人気投票では最下位でしたが、
「シャロって、1~3位を投票してくださいという形式だったら、
1位票こそあんまり集まらないものの、2位3位票を集めまくって
最終的にフィエナの次くらいの順位につける感じですよねきっと」
などという話をしたことがあります。つまりそういうポジションというか。
まあ、あの人気投票は、見事に順位がおっぱいの大きさ順だったのが、
最高に美味しかったと思ってはいるわけですが……。

まあともあれ、ありがとうございます、今後ともがんばりますー(がんばれれば)。
キャラが長く愛していただけてるのを見ると、リリース後に
なにもサービスできてないのが非常に心苦しくはあるのですが……
まあ、ライター(しかも外注の)単位ではなにかと難しくあるのが難しいわけで、
うーん難しいなあ。とりあえず、すみませんというか。

そしてああそうだと話は変わりますが、最近はボチボチでありつつ、
20代前半の頃に読みふけっていたものを改めて読み返してる感じです。
立ち位置確認、というか、なんというか……。
あの頃持っていた(とおぼしき)ものを、仕事を続けているうちに、
どんどん切り捨ててきてる感覚がありましたもので。

あまり詳しく語ってもしょうがないのでかいつまみますが、
もの書きとゲームライターはまるで違う職種、という思いから
「読ませるでなく見せるテキスト」(読むものでなく見るもの)
というのを心がけようとしてきてましたが、最近、なんだかんだいっても
現状フォーマットではやはりこれはテキスト媒体で、
ゲーム制作を総合的に見ようとするあまりにそこを軽んじちゃいけない、
などと考え直し気味です。
まあ、その現状のADV形式に対する疑念などは、
別の話としてここではさておいて……。

いやほんと、こういうことを考えていると、
コンシューマ業界みたいにカンファレンスがあったらいいなあ、とか思います。
AGDC(オースティン・ゲーム・ディベロッパーズ・カンファレンスでなく、
アダルト・ゲーム・ディベロッパーズ・カンファレンス)があったら、
講演聞きに行きたい人、すっごいたくさんいますのにね。
CATEGORY : そこはかとなく
2008-09-02-Tue
やる気は買い物から
「男の子という生き物はランキングするのが好き」
というのをなんかで読んで、即座に、
「ね……ふふ、あたしのドコが一番好き……?」
とかいうシーンを思い浮かべてしまったわけですが、
まあどうでもよいですね。
「いつもはそういうことを聞かないところかな(モテ的返し)」

それにしても9月になってしまいましたよ。
恐いのでカレンダーはまだ8月のままにしています。
なにを恐れているかといえばそりゃ仕事なんですが、
ちょいと8月は自分を追い詰めるように
ドカーッと机を新調したりプイッと旅行に行ってみたり
(しかも徹夜明けに衝動的に)
あとiPhoneを買ってみたりと散財してしまったので、
怖がってる場合じゃないと思います。ウス。

とか言ってるところに予約してた『てとてトライオン!』が届いてしまったので、
うはーどうしよう、超やりてえ、でもわたし……とか、そんな感じです。

てとてトライオン!  初回版てとてトライオン! 初回版
(2008/08/29)
Windows

商品詳細を見る

ちなみに今のところ、ホズミ内の今年度
一番いいタイトルのエロゲーはこのてとてトライオン! です(男の子!)。
ジャケ買いってのはしませんが、タイトル買いはわりとするタイプです。

さておき、ありがたいことにまたコメントいただいたので
レスポンスなどなどを。
ネタバレなどを含むかもなのでいちおう追記に。
●つづき
Copyright © 2021 カクタスミルクチョコレートのブログ. all rights reserved.